エクソソームによる診断と治療

「エクソソーム」とは細胞が放出する「ナノ細胞」のようなもので、放出するホスト細胞の核酸やタンパク質を含み、これらを他の細胞に運んで機能させる能力をもちます。すなわち、細胞と細胞はエクソソームを介してお互いにコミュニケーションして影響しあっているわけです。このようなエクソソームを介した細胞間コミュニケーションががんの転移や神経疾患の発症などに深く関わることが明らかにされつつあります。蛋白創製研究部では人工タンパク質や人工ペプチドを利用した「プログラマブルバイオ界面」を利用した、エクソソームをベースとした新しい診断・治療プラットフォームの開発を進めています。大きさが100nmという、従来の生物学が苦手とする領域に、ナノテクノロジーの技術を持ち込むことにより、新たな展開を引き起こすことをめざしています。