人工分子としては人工タンパク質、人工ペプチドを主に用いています。人工タンパク質は当部で開発されたMolCraft手法を用い、また人工ペプチドはペプチド提示ファージを用いた人工進化系で主に創製しますが、合理的な設計方も利用します。

 

ペプチドのもつ機能をMotifとしてとらえ、モチーフ・プログラミングの合成生物学の括りで研究を進めているのが特徴です。