特任研究員。ペプチド化学、ナノバイオが専門でDDSキャリアの開発を進めている。

 

 

略歴
群馬県桐生市出身。
東京工業大学、東京工業大学大学院。工学博士。
2005年4月に蛋白創製研究部に参加。
2008年から2012年までさきがけ「ナノシステムと機能創発」研究員。
趣味は草木花を愛でること。

 

▼論文発表
Sato S, Ikemi M, Kikuchi T, Matsumura S, Shiba K, Fujita M
Bridging adhesion of a protein onto an inorganic surface using self-assembled dual functionalized spheres
J Am Chem Soc 137(40): 12890–12896 (2015)
 

 

Yudasaka M, Zhang, M, Matsumura S, Yuge R, Ichihashi T, Irie H, Shiba K, Iijima S
Not nanocarbon but dispersant induced abnormality in lysosome in macrophages in vivo
Nanotechnology 26(19): 195102 (2015)

 

Matsumura S, Yuge R, Sato S, Tomida A, Ichihashi T, Irie H, Iijima S, Shiba K, Yudasaka M
Ultrastructural localization of intravenously injected carbon nanohorns in tumor
Int J Nanomedicine 9(1): 3499-3508 (2014)

 

Matsumura S, Aoki I, Saga T, Shiba K
A tumor-environment-responsive nanocarrier that evolves its surface properties upon sensing matrix metalloproteinase-2 and initiates agglomeration to enhance T2 relaxivity for magnetic resonance imaging
Mol Pharm 8(5): 1970-1974 (2011)

 

Kasai T, Matsumura S, Iizuka T, Shiba K, Kanamori T, Yudasaka M, Iijima S, Yokoyama A
Carbon nanohorns accelerate bone regeneration in rat calvarial bone defect
Nanotechnol 22: 065102 (8pp) (2011)

 

Ikemi M, Kikuchi T, Matsumura S, Shiba K, Sato S, Fujita M
Peptide-coated, self-assembled M12L24 coordination spheres and their immobilization onto an inorganic surface
Chem Sci 1 : 68-71 (2010)

 

Matsumura S, Sato S, Yudasaka M, Tomida A, Tsuruo T, Iijima S, Shiba K
Prevention of carbon nanohorn agglomeration using a conjugate composed of comb-shaped polyethylene glycol and a peptide aptamer
Mol Pharm 6(2): 441-447(2009)

 

松村幸子、湯田坂雅子、飯島澄男、芝 清隆
カーボンナノチューブでつくるメディカル・デバイス
バイオナノプロセス-溶液中でナノ構造を作るウエット・ナノテクノロジーの薦め- シーエムシー出版 286-300 (2008)

 

Matsumura S, Ajima K, Yudasaka M, Iijima S, Shiba K
Dispersion of cisplatin-loaded carbon nanohorns with a conjugate comprised of an artificial peptide aptamer and polyethylene glyco
Mol Pharm 4(5) : 723-729 (2007)

 

 

▼学会発表
松村幸子、南澤宝美后、市川雄貴、芝清隆
ナノ粒子を利用したエクソソームサブタイプの簡便な検出法の開発
第5回日本細胞外小胞学会 平成30(2018)年8月30日(広島)

 

松村幸子、南澤宝美后、菅加奈子、芝清隆
ホスファチジルセリンの露出の異なる細胞外ベシクルサブタイプ
第4回日本細胞外小胞学会 平成29(2017)年8月31日(広島)

 

松村幸子、南澤宝美后、芝 清隆
異なる密度画分に分離されるエクソソームの性質解析
第3回日本細胞外小胞学会 平成28(2016)年9月1日(広島)

 

松村幸子、芝清隆
がん細胞由来エクソソームの性質解析:基板への吸着特性を中心として
第73回日本癌学会学術総会 平成26(2014)年9月26日 (横浜)

 

松村幸子、南澤宝美后、菅加奈子、芝 清隆
細胞外ベシクル(エクソソーム)のグラファイト、マイカ基板等への吸着とAFMによる評価
ナノカーボンバイオシンポジウム 平成26(2014)年9月2日 (名古屋)

 

Matsumura S, Yuge R, Sato S, Tomida A, Ichihashi T, Irie H, Iijima S, Shiba K, Yudasaka M
Ultrastructural localization of intravenously injected carbon nanohorns in tumor
第47回 フラーレン・ナノチューブ・グラフェン総合シンポジウム 平成26(2014)年9月2日 (名古屋)

 

松村幸子、南澤宝美后、菅加奈子、芝 清隆
細胞株由来エクソソームの種々基板への吸着特性を原子間力顕微鏡で評価する
第1回日本細胞外小胞学会年会 平成26(2014)年8月29日(広島)

 

松村幸子、芝 清隆
自己集合ペプチドを利用したMRI造影剤の作製
第72回日本癌学会学術総会 平成25(2013)年10月3日(横浜)

 

Matsumura S, Aoki I, Shiba K
Accumulation of metal chelates in assembled peptides as contrast agents for magnetic resonance imaging
23rd American Peptide Symposium June 24, 2013 (Hawaii)

 

Matsumura S
Design and construction of the ferritin-based MRI contrast agent that can self-assemble into oligomers upon sensing a tumor specific protease
9th Australian Peptide Conference October 18, 2011 (Queensland)

 

松村幸子、芝 清隆
腫瘍特異的酵素によってサイズ変化するMRI造影剤の作製
第70回日本癌学会学術総会 平成23(2011)年10月3日(名古屋)

 

松村幸子、佐藤重男、冨田章弘、弓削亮太、飯島澄男、湯田坂雅子、芝 清隆
炭素ナノ粒子の体内分布評価と表面修飾
第58回高分子討論会平成21(2009)年9月16日(熊本)

 

Matsumura S, Miyawaki J, Yuge R, Sato, S, Tomida A, Tsuruo T, Yudasaka M, Iijima S, Shiba K
Bioapplication of the surface modified carbon nanohorns for drug delivery systems
14th International Conference on Biological Inorganic Chemistry (ICBIC14) July 30, 2009(Nagoya)

 

松村幸子、宮脇仁、弓削亮太、佐藤重男、富田章弘、鶴尾隆、湯田坂雅子、飯島澄男、芝清隆
ナノ粒子の体内分布評価に向けたカーボンナノ粒子の作製
第25回日本DDS学会学術集会 平成21(2009)年7月3日(東京)

 

松村幸子
ナノ粒子と生体システムという環境:薬物送達キャリアへの応用に向けて
第22回バイオインフォマティクス学会システムバイオロジー研究会 平成21(2009)年3月11日(東京)

 

松村幸子、佐藤重男、冨田章弘、鶴尾 隆、芝 清隆
DDS応用に向けたPEG-ペプチドアプタマー修飾カーボンナノホーンの調製と評価
第67回日本癌学会学術集会 平成20(2008)年10月29日(名古屋)

 

松村 幸子
カーボンナノホーンを利用したドラッグキャリアの開発
理研セミナー 平成20(2008)年10月16日(埼玉)

 

Matsumura S, Sato S, Yudasaka M, Tomida A, Tsuruo T, Iijima S, Shiba K
Effect of polyethylene glycol-peptide conjugates on dispersing carbon nanohorns and their accumulation in lung
第35回記念フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム 平成20(2008)年8月28日(東京)

 

松村幸子
DDS応用を目指したカーボンナノホーンの表面修飾
分子研研究会「物質系と生体系での自己組織化-異分野融合的研究の新展開に向けて」 平成20(2008)年8月7-8日(岡崎)

 

松村幸子、湯田坂雅子、飯島澄男、芝 清隆
体内投与のためのカーボンナノホーンの分散化の検討
第24会日本DDS学会学術集会 平成20(2008)年6月29日(東京)

 

松村幸子、湯田坂雅子、飯島澄男、芝 清隆
分散性薬剤担持カーボンナノホーンの調製とDDS応用
日本化学会第87春季年会 平成19(2007)年3月26日(吹田

 

松村幸子、湯田坂雅子、飯島澄男、芝 清隆
DDSキャリアとしての単層カーボンナノホーンの分散化と薬剤担持
第5回ナノテクノロジー総合シンポジウム  平成19(2007)年2月20日(東京)

 

Matsumura S, Yudasaka M, Iijima S, Shiba K
Drug-loaded single-wall carbon nanohorns dispersed with a polyethylene glycol-peptide conjugate
第32回フラーレンナノチューブシンポジウム 平成19(2007)年2月13日(東京)

 

松村幸子、湯田坂雅子、飯島澄男、芝 清隆
人工ペプチドを用いた単層カーボンナノホーンの機能化とDDSへの応用
第28回日本バイオマテリアル学会大会 平成18(2006)年11月28日(東京)

 

Matsumura S, Yudasaka M, Iijima S, Shiba K
A peptide aptamer-polyethylene glycol conjugate acts as a dispersant for carbon nano-materials
43JPS・PEM4 November 6, 2006 (Yokohama)

 

Matsumura S, Yudasaka M, Iijima S, Shiba K
Modification of the surfaces of single-walled carbon nanohorns using a conjugate between polyethylene glycol and a peptide aptamer, NHBP-1
第31回フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム平成18年(2006)7月13日(津)

 

松村幸子、南澤宝美后、湯田坂雅子、飯島澄男、芝 清隆
ペプチド・モチーフを利用したナノ炭素化合物の機能化とDDSへの利用
第22回日本DDS学会平成18年(2006)7月8日(東京)

 

Matsumura S, Yudasaka M, Iijima S, Shiba K
Application of a peptide aptamer to functionalization of single-wall carbon nanohorns
NT06平成18年(2006)6月20日(長野)

 

松村幸子,湯田坂雅子,飯島澄男,芝 清隆
ペプチドアプタマーを用いた炭素ナノ化合物の機能化
日本化学会第86春季年会 平成18年(2006)3月27日(船橋)

 

松村幸子,湯田坂雅子,飯島澄男,芝 清隆
ペプチドアプタマーを利用した炭素ナノ化合物の親水化
第43回茅コンファレンス「ナノとバイオの融合が拓く新展開」平成17年(2005)8月22日(八ヶ岳)

 

Web Analytics