研究助手。分子生物学が専門で人工タンパク質、人工ペプチドのナノメディシンへの応用研究を進める。

 

 

略歴
長野県出身。
2000年12月に蛋白創製研究部に参加。
趣味は帰省。

 

▼論文発表
Sano K, Minamisawa T, Shiba K
Autonomous silica-encapsulation and sustained-release of anti-cancer protein
Langmuir 26(4) : 2231-2234 (2010)

 

Patwardhan P, Shiba K, Gordon C, Craddock BP, Minamisawa T, Miller WT
Synthesis of functional signaling domains by combinatorial polymerization of phosphorylation motifs
ACS Chem Biol 4(9): 751-758 (2009)

 

Chirila TV, Minamisawa T, Keen I, Shiba K
Effect of motif-programmed artificial proteins on the calcium uptake in a synthetic hydrogel
Macromol Biosci 9(10): 959-967 (2009)

 

Saito H, Minamisawa T, Yamori T, Shiba K
A motif-programmed artificial protein induces apoptosis in several cancer cells by disrupting mitochondria
Cancer Science 99(2): 398-406 (2008)

 

Shiba K, Minamisawa T
A synthesis approach to understanding repeated peptides conserved in mineralization proteins
Biomacromolecules 8(9) : 2659-2664 (2007)

 

Kulp JL III, Minamisawa T, Shiba K, Tejani M, Evans JS
Structural properties of an artificial protein that regulates the nucleation of inorganic and organic crystals
Langmuir 23(7): 3857-3863 (2007)

 

Saito H, Minamisawa T, Shiba K
Motif programming: A microgene-based method for creating synthetic proteins containing multiple functional motifs
Nucl Acid Res 35(6): e38 (2007)

 

Saito H, Honma T, Minamisawa T, Yamazaki K, Noda T, Yamori T, Shiba K
Synthesis of functional proteins by mixing peptide motifs
Chem Biol 11(6): 765-773 (2004)

 

Shiba K, Honma T, Minamisawa T, Nishiguchi K, Noda T
Distinct macroscopic structures developed from solutions of chemical compounds and periodic proteins
EMBO Reports 4(2): 148-153 (2003)

 


 

▼学会発表
南澤宝美后、松村幸子、芝 清隆
密度分画法によるエクソソームとmiRNAの差分化とその多様性
第37回日本分子生物学会年会 平成26(2014)年11月26日(横浜)

 

池見昌敏、菊池 貴、南澤宝美后、松村幸子、芝 清隆、佐藤 宗太、藤田 誠
ペプチド修飾球状錯体の高い基板認識能を利用したタンパク質の固定
日本化学会第91春季年会 平成23(2011)年3月29日(横浜)

 

池見昌敏、菊池 貴、南澤宝美后、松村幸子、芝 清隆、佐藤宗太、藤田 誠
ペプチド修飾球状錯体の高い基板認識能を利用したタンパク質の無機基板への固定
第2回分子ナノシステムの創発化学シンポジウム平成23(2011)年2月4日(東京)

 

南澤宝美后、芝 清隆
ナノ粒子表面改変に伴う予期せぬ凝集能力獲得の解決法
第33回日本分子生物学会年会 平成22(2010)年12月9日(神戸)

 

Minamisawa T, Shiba K
Isolation and characterization of artificial peptide probe for cancer cell
AACR/ Cancer genomics, epigenomics, and the development of novel therapeutics February 5-9 (Hawaii)

 

南澤宝美后、佐野健一、芝 清隆
人工タンパク質・人工ペプチドによるミネラリゼーション
バイオミネラリゼーションワークショップ  平成18(2006)年12月13日(東京)

 

佐野健一、南澤宝美后、芝 清隆
バイオミネラリゼーションを利用した新規薬物送達システムの開発
第28回日本バイオマテリアル学会大会 平成18(2006)年11月27日(東京)

 

松村幸子、南澤宝美后、湯田坂雅子、飯島澄男、芝 清隆
ペプチド・モチーフを利用したナノ炭素化合物の機能化とDDSへの利用
第22回日本DDS学会平成18年(2006)7月8日(東京)

 

南澤宝美后、松村幸子、湯田坂雅子、飯島澄男、芝 清隆
水溶液系でのカーボンナノホーンの化学化合物吸着特性
第22回日本DDS学会平成18年(2006)7月7日(東京)

 

南澤 宝美后、芝 清隆
バイオミネラリゼーション能力を賦与した人工タンパク質の創製
第9回マリンバイオテクノロジー学会大会 平成18年(2006)5月28日(東京)

 

辻 融、南澤宝美后、芝 清隆
人工タンパク質による無機結晶形成制御
第28回日本分子生物学会年会 平成17年(2005)12月9日(福岡)

 

芝 清隆、南澤宝美后、辻 融、佐野健一
人工タンパク質を用いたバイオミネラリゼーション研究
第35回結晶成長国内会議 平成17年(2005)8月17日(東広島)

 

南澤 宝美后、芝 清隆
人工タンパク質を利用したアコヤ貝NGXモチーフの機能解析
第7回マリンバイオテクノロジー学会大会 平成16年(2004)6月18日(札幌)

 

斎藤 博英、南澤 宝美后、山崎 佳波、矢守 隆夫、芝 清隆
Synthesis of novel proteins from functional motifs : Signal proteins that induce apoptosis in cancer cells
第76回 日本生化学会大会 平成15年(2003)10月18日(横浜)

 

Shiba K, Minamisawa T
Development of macro-structures from minerals induced by genetically engineered repetitive proteins and implications for evolution of biomineralization genes
Marine Biotechnology Conference 2003 (MBC2003) September 21-27, 2003 (Chiba)

 

斎藤 博英、山崎 佳波、南澤 宝美后、矢守 隆夫、芝 清隆
癌細胞にアポトーシスを誘導する人工シグナル蛋白質の創製にむけて
ワークショップ「ポストシークエンス時代のタンパク質の発現・提示系」 第25回 日本分子生物学会年会 平成14年(2002)12月12日(横浜)

 

南澤 宝美后、芝 清隆
繰り返しを原理とした人工タンパク質創製:マイクロ遺伝子の複数の読み枠に2次構造を埋め込む効果
第75回 日本生化学会大会 平成14年(2002)10月16日(京都)

 

北島 正人、佐藤 洋子、南澤 宝美后、芝 清隆
ゲノム知識の人為再構成:人工タンパク質デザインツールの開発
第24回 日本分子生物学会年会 平成13年(2001)12月12日(横浜)

 

南澤 宝美后、野田 哲生、芝 清隆
炭酸カルシウムの結晶成長を制御するタンパク質のデザイン
第5回 マリンバイオテクノロジー学会大会 平成13年(2001)5月25日(静岡)
Web Analytics