芝 清隆
ナノテクノロジーと液性診断
ConBio2017平成29(2017)年12月7日 (神戸)
伊藤正紀、有泉裕嗣、佐川由紀子、南澤宝美后、芝 清隆、本間 定
免疫チェックポイント分子の機能的細胞アッセイ
第76回日本癌学会学術総会 平成29(2017)年9月28日 (横浜)
松阪諭
がん診療におけるCTCの役割
第2回CTC研究フォーラム2017平成29(2017)年8月30日 (東京)
伊藤正紀、林 和美、南澤宝美后、小井戸薫雄、本間 定、芝 清隆
Toll様受容体4アゴニストモチーフ付加により抗原提示細胞のサイトカイン産生能を刺激する人工抗原ワクチンを作製する
第75回日本癌学会学術総会 平成28(2016)年10月8日 (横浜)
松村幸子、南澤宝美后、芝 清隆
異なる密度画分に分離されるエクソソームの性質解析
第3回日本細胞外小胞学会 平成28(2016)年9月1日(広島)
山本恵史、芝 清隆
唾液エクソソーム分画に混入する唾液メジャータンパク質の存在様式
第3回日本細胞外小胞学会 平成28(2016)年9月1日(広島)
山本恵史、岩井千弥、吉田光孝、芝 清隆、矢島安朝
唾液由来エクソソームにおけるCD63とCD81の発現分析
第46回公益財団法人日本口腔インプラント学会学術大会 平成28(2016)年9月7日 (名古屋)
芝 清隆
エクソソーム研究の発展はナノ研究者の⼿に委ねられている
第四回ナノカーボンバイオシンポジウム 平成28(2016)年2月19日 (東京)
Hibino K, Yamamoto S, Minamisawa T, Suga K, Yoshida M, Matsumura S, Shiba K
Sub-classification of exosomes based on their surface markers by the programmed bio-surface
第25回日本MRS年次大会 平成27(2015)年12月9日(横浜)
伊藤正紀、本間定、 南澤宝美后、芝 清隆
クロスプレゼンテーション活性は抗原の分子コンテクスト(モチーフの配置)により影響を受ける
BMB2015 平成27(2015)年12月3日 (神戸)
山本恵史、岩井千弥、吉田光孝、南澤宝美后、松村幸子、芝 清隆、矢島安朝
ヒト唾液由来エクソソームと細胞株由来エクソソームの比較
第19回日本顎顔面インプラント学会 総会・学術大会 平成27(2015)年11月28日 (神奈川)
芝 清隆
Exosomeと生殖医療
第33回日本受精着床学会総会・学術講演会 平成27(2015)年11月27日 (東京)
伊藤正紀、林 和美、小井戸薫雄、本間 定、南澤宝美后、芝 清隆
Toll様受容体4アゴニスト・リガンド・モチーフの埋め込みより人工タンパク質抗原の細胞性免疫誘導能力を増強する
第74回日本癌学会学術総会 平成27(2015)年10月8日 (名古屋)
山本恵史、南澤宝美后、 松村幸子、芝 清隆
密度勾配遠心法とAFMを用いたヒト唾液エクソソームの性質解析
第7回日本RNAi研究会 第2回日本細胞外小胞学会 平成27(2015)年8月26日 (広島)
芝 清隆
エクソソームの分離・分析
日本膜学会第37年会 平成27(2015)年5月15日 (東京)
荻野俊郎、横田圭司、木村僚佑、坂口直駿、松村幸子、菅加奈子、芝 清隆、木村康男、平野愛弓
生体膜の原子間力顕微鏡による評価
電子デバイス研究会平成27(2015)年4月17日 (仙台)
芝 清隆
繰り返しから創る人工タンパク質
生命の起原および進化学会 第40回学術講演会 平成27(2015)年3月16日 (東京)
南澤宝美后、松村幸子、芝 清隆
密度分画法によるエクソソームとmiRNAの差分化とその多様性
第37回日本分子生物学会年会 平成26(2014)年11月26日(横浜)
岩井千弥、南澤宝美后、松村幸子、芝 清隆
粘性の高い唾液からエクソソームを密度勾配遠心法で分画する方法
第87回日本生化学会大会 平成26(2014)年10月17日 (京都)
松村幸子、芝 清隆
がん細胞由来エクソソームの性質解析:基板への吸着特性を中心として
第73回日本癌学会学術総会 平成26(2014)年9月26日 (横浜)