國分 克寿

客員研究員。東京歯科大学、助教。唾液エクソソームの分子生物学。

 

 

略歴
福島県出身。
東京歯科大学、助教。
2005年10月に蛋白創製研究部に参加。
趣味は漫画研究、旅、昼寝。

 

▼論文発表
Yuasa K, Kokubu E, Kokubun K, Matsuzaka K, Shiba K, Kashiwagi K, Inoue T
An artificial fusion protein between BMP-2 and TBP is functional in vivo
J Biomed Mater Res A: 2013 Apr 27. doi: 10.1002/jbm.a.34765. [Epub ahead of print] (2013)

 

Kokubun K, Kashiwagi K, Yoshinari M, Inoue T, Shiba K
Motif-programmed artificial extracellular matrix
Biomacromolecules 9(11): 3098-3105 (2008)

 

▼学会発表
Kokubun K, Yoshinari M, Inoue T, Shiba K
Creation of motif-programmed artificial extracellular matrix on titanium
IADR/AADR/CADR 87th General Session and Exhibition 3 Aril, 2009 (Miami)

 

國分克寿、吉成正雄、井上 孝、芝 清隆
チタン表面における人工細胞外マトリックスの開発
日本バイオマテリアル学会シンポジウム2008 平成20(2008)年11月17日(東京)

 

國分克寿、吉成正雄、井上 孝、芝 清隆
人工細胞外マトリックスを創る
「細胞を創る」研究会1.0 若手研究者の国際ワークショップ 平成20(2008)年10月16日(大阪)

 

Kokubun K, Yoshinari M, Inoue T, Shiba K
Biological functionalization of the surface of titanium by motif-programmed artificial proteins
The 4th Sino-Japanese Conference on Stomatology September 29, 2008 (China)

 

國分克寿、柏木健司、吉成正雄、井上 孝、芝 清隆
人工タンパク質を用いた生物活性固相化チタンインプラントの開発
第5回日本再生歯科医学会学術大会および総会 平成19(2007)年9月22-23日(東京)

 

國分克寿、吉成正雄、井上 孝、芝 清隆
人工タンパク質とナノマテリアルを用いたチタンインプラントの高機能化
第37回(社)日本口腔インプラント学会・学術大会 平成19(2007)年9月15日(熊本)

 

Kokubun K, Yoshinari M, Inoue T, Shiba K
Functionalization of the surface of titanium implant by artificial proteins
6th International Symposium on Titanium in Dentistry 平成19(2007)年6月5日(京都)

 

Kokubun K, Yoshinari M, Inoue T, Shiba K
Artificial proteins for functionalization of the surfaces of titanium implant
85th IADR March 22, 2007(New Orleans)

 

國分克寿、吉成正雄、井上 孝、芝 清隆
チタン結合モチーフと細胞接着モチーフを持つ人工タンパク質
第28回日本バイオマテリアル学会大会 平成18(2006)年11月28日(東京)

 

Kokubun K, Kashiwagi K, Yoshinari M, Inoue T, Shiba K
Synthesis of artificial proteins that have cell attaching motif and titanium binding motif
43JPS・PEM4 November 5, 2006 (Yokohama)
Web Analytics