in 学会国内招待
芝 清隆
プログラマブル人工蛋白質からの組織体薄膜構築
日本学術振興会 薄膜第131委員会研究会 平成22(2010)年4月22日(大阪)
in 学会国内口演
池見昌敏、菊池 貴、佐藤宗太、松村幸子、芝 清隆、藤田 誠
ペプチドを用いたM12L24球状錯体の無機基板への固定
日本化学会第90回春季年会 平成22(2010)年3月26日(東大阪)
in 学会国際ポスター
Minamisawa T, Shiba K
Isolation and characterization of artificial peptide probe for cancer cell
AACR/ Cancer genomics, epigenomics, and the development of novel therapeutics February 5-9, 2010 (Hawaii)
in 論文
Sano K, Minamisawa T, Shiba K
Autonomous silica encapsulation and sustained release of anticancer protein
Langmuir 26(4) : 2231-2234 (2010)
in 論文
Sano K, Minamisawa T, Shiba K
Autonomous silica encapsulation and sustained release of anticancer protein
Langmuir 26(4) : 2231-2234 (2010)
in 英語総説
Shiba K
Natural and artificial peptide motifs: their origins and the application of motif-programming
Chem Soc Rev 39(1): 117-126 (2010)
 
続きを読む...
in 学会国内招待
芝 清隆
人工ペプチド・人工タンパク質を用いたメディカルデバイスの作製
第13回NAIST科学技術セミナー 平成21(2009)年12月14日(奈良)
in 学会国際招待
Shiba K
"Motif-programming" in polymer science
11th Pacific Polymer Conference December 7, 2009 (Cairns)
in 学会国内招待
芝 清隆
モチーフ・ペプチドのバイオマテリアルへの利用
第31回日本バイオマテリアル学会大会 平成21(2009)年11月17日(京都)
in 学会国内口演
辻 融、小沼一雄、山本 晃、飯島まゆみ、芝 清隆
人工蛋白質が誘導するアモルファスリン酸カルシウム−アパタイト相転移過程の解明
第39回結晶成長国内会議 平成21(2009)年11月12日(名古屋)
in 学会国際招待
Shiba K
Fabrication of a 3-dimensional nano-structure using a peptide aptamer and a caged-protein
3rd Asia-Pacific International Peptide Symposium November 9, 2009 (Jeju)
in 学会国内口演
辻 融、小沼一雄、山本 晃、飯島まゆみ、芝 清隆
モチーフプログラム化人工タンパク質によるアモルファスーリン酸カルシウム結晶直接転移の誘導
第47回日本生物物理学会年会 平成21(2009)年11月1日(徳島)
in 和文総説
芝 清隆
モチーフ・プログラムド人工タンパク質の医療分野での応用
YAKUGAKU ZASSHI 129(11): 1295-1303 (2009)
 
続きを読む...
in 特許
加瀬 大介、芝 清隆、飯島 澄男
ナノ黒鉛構造体に結合能を有するペプチド

特許4351430

in 学会国内招待
芝 清隆
タンパク質実験進化系
第82回日本生化学会大会 平成21(2009)年10月21日(神戸)
in 論文
Yoshinari M, Kato T, Matsuzaka K, Hayakawa T, Shiba K
Prevention of biofilm formation on titanium surfaces modified with conjugated molecules comprised of antimicrobial and titanium-binding peptides
Biofouling 26(1): 103-110 (2009)
in 学会国際招待
Shiba K
Soft bio-materials in solid state devices
2009 International Conference on Solid State Devices and Materials October 9, 2009(Sendai)
in 学会国内口演
松村幸子、佐藤重男、冨田章弘、弓削亮太、飯島澄男、湯田坂雅子、芝 清隆
炭素ナノ粒子の体内分布評価と表面修飾
第58回高分子討論会 平成21(2009)年9月16日(熊本)
in 学会国際口演
Matsumura S, Miyawaki J, Yuge R, Sato, S, Tomida A, Tsuruo T, Yudasaka M, Iijima S, Shiba K
Bioapplication of the surface modified carbon nanohorns for drug delivery systems
14th International Conference on Biological Inorganic Chemistry July 30, 2009(Nagoya)
in 論文
Patwardhan P, Shiba K, Gordon C, Craddock BP, Minamisawa T, Miller WT
Synthesis of functional signaling domains by combinatorial polymerization of phosphorylation motifs
ACS Chem Biol 4(9): 751-758 (2009)
Web Analytics