in 論文
Kashiwagi K, Tsuji T, Shiba K
Directional BMP-2 for functionalization of titanium surfaces
Biomaterials 30(6): 1166-1175 (2009)
in 学会国際口演
Shiba K
Biomineralization studies using motif-programmed artificial proteins
MRS fall meeting 2008 December 2, 2008 (Boston)
in 論文
Sano K, Shiba K
Stepwise accumulation of layers of aptamer-ornamented ferritins using biomimetic Layer-By-Layer (BioLBL)
J Mater Res: 23 (12): 3236-40 (2008)
in 論文
Sano K, Shiba K
Stepwise accumulation of layers of aptamer-ornamented ferritins using biomimetic Layer-By-Layer (BioLBL)
J Mater Res: 23 (12): 3236-40 (2008)
in 学会国内ポスター
柏木 健司、辻 融、芝 清隆
チタン結合人工タンパク質融合BMP-2によるチタン表面への骨分化誘導活性の賦与
日本バイオマテリアル学会シンポジウム2008 平成20(2008)年11月18日(東京)
in 学会国内ポスター
國分 克寿、吉成 正雄、井上 孝、芝 清隆
チタン表面における人工細胞外マトリックスの開発
日本バイオマテリアル学会シンポジウム2008 平成20(2008)年11月17日(東京)
in 学会国際ポスター
Kashiwagi K, Shiba K
Filamentous phage-based extra cellular matrix
MHS2008 November 8, 2008 (Nagoya)
in 論文
Tsuji T, Onuma K, Yamamoto A, Iijima Y, Shiba K
Direct transformation from amorphous to crystalline calcium phosphate facilitated by motif-programmed artificial proteins
Proc Natl Acad Sci USA 105(44): 16866-16870 (2008)
in 論文
Tsuji T, Onuma K, Yamamoto A, Iijima Y, Shiba K
Direct transformation from amorphous to crystalline calcium phosphate facilitated by motif-programmed artificial proteins
Proc Natl Acad Sci USA 105(44): 16866-16870 (2008)
in 論文
Ikezoe Y, Kumashiro Y, Tamada K, Matsui T, Yamashita I, Shiba K, Hara M
Giant growth of two-dimensional crystal of protein molecules from a three-phase contact line
Langmuir 24(22): 12836-12841 (2008)
in 論文
Ikezoe Y, Kumashiro Y, Tamada K, Matsui T, Yamashita I, Shiba K, Hara M
Giant growth of two-dimensional crystal of protein molecules from a three-phase contact line
Langmuir 24(22): 12836-12841 (2008)
in 学会国内口演
松村 幸子
カーボンナノホーンを利用したドラッグキャリアの開発
理研セミナー 平成20(2008)年10月16日(埼玉)
in 和文総説
河村 秀樹、芝 清隆
無機材料結合ペプチド
応用物理 77(10): 1192-1198 (2008)
in 論文
Kokubun K, Kashiwagi K, Yoshinari M, Inoue T, Shiba K
Motif-programmed artificial extracellular matrix
Biomacromolecules 9(11): 3098-3105 (2008)
in 不成立・放棄特許
柏木健司、芝清隆、河村秀樹
EpCAMに結合能を有するペプチド

特願2008-185819

in 和文総説
芝 清隆
人工ペプチドの分子標的化への利用
がんの分子標的治療 鶴尾 隆(編) 南山堂 :35-40 (2008)
in 学会国内ポスター
Matsumura S, Sato S, Yudasaka M, Tomida A, Tsuruo T, Iijima S, Shiba K
Effect of polyethylene glycol-peptide conjugates on dispersing carbon nanohorns and their accumulation in lung
第35回記念フラーレン・ナノチューブ総合シンポジウム 平成20(2008)年8月28日(東京)
in 学会国内ポスター
松村 幸子
DDS応用を目指したカーボンナノホーンの表面修飾
分子研研究会「物質系と生体系での自己組織化-異分野融合的研究の新展開に向けて」 平成20(2008)年8月7-8日(岡崎)
in 不成立・放棄特許
河村秀樹、芝清隆、柏木健司
セラミクス結合ペプチド

特願2008-185845

in 特許
飯島 澄男、湯田坂 雅子、村上 達也、芝 清隆
ナノ炭素担持体の製造方法とその方法で製造されたナノ炭素担持体を用いたそのDDS薬剤

特許4090496

Web Analytics