Warning: A non-numeric value encountered in /home/users/2/votale/web/molcraft.org/templates/theme1240/includes/includes.php on line 78
蛋白創製研究部 - 外部発表 - Results from #280

in 和文総説
齊藤 博英、芝 清隆
モチーフ・プログラミング -ペプチドモチーフの組み合わせから人工タンパク質を創出する第二世代進化分子工学-
BIO INDUSTRY 11月号: 15-21 (2005)
in 和文総説
村上 達也、湯田坂 雅子、飯島 澄男、芝 清隆
カーボンナノ化合物とペプチド・人工タンパク質複合体素の開発とDDSへの利用
BIO INDUSTRY 11月号: 28-33 (2005)
in 和文総説
佐野 健一、芝 清隆
人工ペプチドによる機能性分子配列制御
BIO INDUSTRY 10月号: 33-39 (2005)
in 和文総説
芝 清隆
遺伝子はどこまで創れるか?
生命化学研究レター19: 3-8 (2005)
in 和文総説
佐野 健一、芝 清隆
チタン表面に特異的に吸着するペプチドTBP-1 の創出とその利用
まてりあ44: 799-803 (2005)
in 和文総説
芝 清隆
プログラマブル人工タンパク質創製
酵素工学ニュース54: 11-15 (2005)
in 学会国内
松村幸子,湯田坂雅子,飯島澄男,芝 清隆
ペプチドアプタマーを利用した炭素ナノ化合物の親水化
第43回茅コンファレンス「ナノとバイオの融合が拓く新展開」平成17年(2005)8月22日(八ヶ岳)
in 特許
芝 清隆
マイクロ遺伝子のランダム重合体作成方法

特許3680392

in 論文
Sano K, Ajima K, Iwahori K, Yudasaka M, Iijima S, Yamashita I, Shiba K
Endowing a ferritin-like cage protein with high affinity and selectivity for certain inorganic materials
Small 1 (8-9): 826-832 (2005)
in 和文総説
佐野 健一、上塚 洋、大西 洋、芝 清隆
AFMとQCM-Dを用いたチタン結合ペプチドのチタン表面への結合の観察
表面科学26(7): 428-431 (2005)
in 英語総説
Shiba K
Glycyl-tRNA synthetase
in Aminoacyl-tRNA Syntehtases eds. Ibba M, Francklyn C, Cusack S. Eurekah/Landes Bioscience (2005)
in 英語総説
Shiba K
Artificial proteins that interface between biological and inorganic materials
J Photopolymer Science and Technology 17(3): 409-410 (2004)
in 論文
Sano K, Sasaki H, Shiba K
Specificity and biomineralization activities of Ti-binding peptide-1 (TBP-1)
Langmuir 21(7): 3090-3095 (2005) [pdf]
in 論文
Patwardhan SV, Shiba K, Raab C, Huesing N, Clarson SJ
Protein-mediated bioinspired mineralization
Polymer biocatalysis and biomaterials in ACS symposium series 900 ed. Chang H N and Gross R A, pp150-163 American Chemical Society (2005)
in 論文
Murakami T, Ajima K, Miyawaki J, Yudasaka M, Iijima S, Shiba K
Drug-loaded carbon nanohorns: adsorption and release of dexamethasone in vitro
Mol Pharmaceutics 1(6): 399-405 (2004)
in 論文
Ramaswamy K, Saito H, Murakami H, Shiba K, Suga H
Designer ribozymes: programming the tRNA specificity into flexizyme
J Am Chem Soc 126(37): 11454-11455 (2004)
in 和文総説
齊藤 博英、芝 清隆
システムバイオロジーとコンビナトリアル・バイオエンジニアリングの融合 -コンビナトリアル・システムエンジニアリングにむけて-
コンビナトリアル・バイオエンジニアリングの最前線 植田充美 監修 シーエムシー出版: 324-335 (2004)
in 和文総説
佐野 健一、芝 清隆
無機マテリアルを認識するペプチドモチーフ
コンビナトリアル・バイオエンジニアリングの最前線 植田充美 監修 シーエムシー出版: 34-45 (2004)
in 和文総説
芝 清隆
コンビナトリアルライブラリーの階層性
コンビナトリアル・バイオエンジニアリングの最前線 植田充美 監修 シーエムシー出版: 223-235 (2004)
in 論文
Kase D, Kulp III JL, Yudasaka M, Evans JS, Iijima S, Shiba K
Affinity selection of peptide phage libraries against single-wall carbon nanohorns identifies a peptide aptamer with conformational variability
Langmuir 20(20): 8939-8941 (2004)
Web Analytics