Warning: A non-numeric value encountered in /home/users/2/votale/web/molcraft.org/templates/theme1240/includes/includes.php on line 78
蛋白創製研究部 - 外部発表 - Results from #300

in 和文総説
芝 清隆
人工タンパク質の創薬への応用
OHM8月号: 12-13 (2004)
in 論文
Halwani R, Cen S, Javanbakht H, Saadatmand J, Kim S, Shiba K, Kleiman L
Cellular distribution of lysyl-tRNA synthetase and its interaction with gag during human immunodeficiency virus type 1 assembly
J Viol 78(14): 7553-7564 (2004)
in 論文
Kashiwagi K, Shiba K
Combinatorics of peptide sextets encoded by a single microgene
J Mol Catal B 28(4-6): 215-221 (2004)
in 論文
Shiba K
MolCraft: a hierarchical approach to the synthesis of artificial proteins
J Mol Catal B 28(4-6): 145-153 (2004)
in 論文
Saito H, Honma T, Minamisawa T, Yamazaki K, Noda T, Yamori T, Shiba K
Synthesis of functional proteins by mixing peptide motifs
Chem Biol 11(6): 765-773 (2004)
in 論文
Kashiwagi K, Fukami-Kobayashi K, Shiba K, Nishikawa K
Construction and characterization of chimeric proteins composed of type-1 and type-2 periplasmic binding proteins MglB and ArgT
Biosci Biotec Biochem 68(4): 808-813 (2004)
in 和文総説
芝 清隆
使える人工タンパク質をめざして
バイオベンチャー 4(1): 12-16 (2004)
in 和文総説
齊藤 博英、芝 清隆
創薬に向けた人工タンパク質研究の展開
バイオベンチャー 4(1): 27-31 (2004)
in 和文総説
芝 清隆
タンパク質がつなぐバイオロジーと無機マテリアルの世界
未来材料 4(1): 8-15 (2004)
in 和文総説
芝 清隆
汎用性高い人工たんぱく質合成技術『MolCraft』
日経先端技術 no 50 18-21 (2003)
in 和文総説
芝 清隆
進化分子工学に基づいた人工蛋白の創出と創薬への展開
Drug Delivery System 18(6): 511-518 (2003)
in 論文
Sano K, Shiba K
A hexapeptide motif that electrostatically binds to the surface of titanium
J Am Chem Soc 125(47): 14234-14235 (2003)
in 和文総説
芝 清隆
無機マテリアルに働きかけるタンパク質
ナノバイオテクノロジーの最前線 植田充美 監修 シーエムシー出版 125-136 (2003)
in 和文総説
芝 清隆
遺伝子を利用したバイオナノテクノロジー:天然遺伝子、人工遺伝子を用いた結晶成長制御
現代化学9月号(No. 390) 12-18 (2003)
in 論文
Kase D, Shiba K, Jin Zhu, Kasuya D, Yudasaka M, Iijima S
Toward development of nano-materials composed of artificial proteins and nano-carbons
Nanotechnology, 2003. IEEE-NANO 2003. 2003 Third IEEE Conference on 2003 1(2): 386- 389 (2003)
in 和文総説
芝 清隆
ゲノム時代の人工タンパク質研究
日本農芸化学会誌 77 (7): 13-16 (2003)
in 和文総説
芝 清隆
MolCraft:階層的進化を模した人工蛋白質創出法
蛋白質核酸酵素8月号増刊 化学と生物学の接点がつくるNewバイオテクノロジー 多比良和誠・菅 裕明 編 共立出版48(11): 1503-1510 (2003)
in 論文
Zhu J, Kase D, Shiba K, Kasuya D, Yudasaka M, Iijima S
Binary nanomaterials based on nanocarbons: a case for probing carbon nanohorns' biorecognition properties
Nano Lett 3(8): 1033-1038 (2003)
in 特許
芝 清隆
高分子マイクロ遺伝子重合体の作成方法

特許3415995

in 和文総説
芝 清隆
アミノアシルtRNA合成酵素の進化
シュプリンガーレビュー ゲノムからみた生物の多様性と進化 五條堀 孝 編 8-15、シュップリンガー・フェアラーク東京 (2003)
Web Analytics