芝 清隆、吉成正雄、矢島朝安
唾液エクソソームをめぐる最新研究
歯科展望 131(3): 2018-3 (2018)
 
芝 清隆
唾液エクソソームによる全身疾患診断法の可能性
FHARMSTAGE 17(4): 37-40 (2017)
 
Iwai K, Yamamoto S, Yoshida M, Shiba, K
Isolation of extracellular vesicles in saliva using density gradient ultracentrifugation
Methods Mol Biol 1660: 343-350 (2017)
 
Shiba K
Programmable Bio-surfaces for Biomedical Applications
Adv Exp Med Biol 1030: 1-20 (2017)
 
芝 清隆
エクソソームの差分化方法
パラダイムシフトをもたらすエクソソーム機能研究最前線ー 落谷孝広(監修)エヌティーエス: 21-30 (2017)
芝 清隆
エクソソームの分離・定量化
膜 40(5): 242-247 (2015)
 
芝 清隆
ナノ粒子のヘテロ多層構造形成法とエレクトロニクス分野への応用
生物模倣技術と新材料・新製品開発への応用 (株)技術情報協会: 372-380 (2014)
芝 清隆、吉成正雄、矢島安朝
唾液診断とエクソソーム
歯界展望 124 (1): 152-156 (2014)
 
Shiba K
Exploitation of peptide motif sequences and their use in nanobiotechnology
Curr Opin Biotechnol 21: 412–425 (2010)
続きを読む...
佐野健一、芝 清隆
バイオミネラリゼーション研究の新展開ーミネラルの形成と溶解を制御するー
バイオサイエンスとインダストリー 68(5): 336-340(2010)
Shiba K
Natural and artificial peptide motifs: their origins and the application of motif-programming
Chem Soc Rev 39(1): 117-126 (2010)
 
続きを読む...
芝 清隆
モチーフ・プログラムド人工タンパク質の医療分野での応用
YAKUGAKU ZASSHI 129(11): 1295-1303 (2009)
 
続きを読む...
柏木健司、芝 清隆
階層的進化を模した人工タンパク質の創製
超分子サイエンス&テクノロジー 基礎からイノベーションまで 国武豊喜(監修)エヌティーエス, 1000-1008 (2009)
芝 清隆
がん治療におけるペプチド・アプタマーとナノキャリアの役割
癌と化学療法 36(3): 362-365 (2009)
芝 清隆
モチーフをユニットとした人工分子の創製
実践ゲノムの最前線 井村裕夫(監修) 六然社 : 146-148 (2009)
河村 秀樹、芝 清隆
無機材料結合ペプチド
応用物理 77(10): 1192-1198 (2008)
芝 清隆
人工ペプチドの分子標的化への利用
がんの分子標的治療 鶴尾 隆(編) 南山堂 :35-40 (2008)
Sano K, Shiba K
In aqua manufacturing of a three-dimensional nanostructure using a peptide aptamer
MRS Bulletin 33(5): 524-529 (2008)
 
続きを読む...
芝 清隆
人工ペプチドによる特異的な無機材料表面認識
Molecular Science 2(1): A0023 (2008)
Web Analytics