岩井千弥さんが日本口腔インプラント学会学術大会 でポスター発表しました。

演題:唾液エクソソーム精製条件の確立

学会:第43回公益社団法人日本口腔インプラント学会学術大会 平成25(2013)年9月14日(福岡)

 

伊藤 正紀さんが平成28年10月に横浜で開催された第75回日本癌学会学術総会で「Toll様受容体4アゴニストモチーフ付加により抗原提示細胞のサイトカイン産生能を刺激する人工抗原ワクチンを作製する」を発表しました。

山本 恵史さんが平成28年9月に名古屋で開催される第46回公益財団法人日本口腔インプラント学会学術大会で「唾液由来エクソソームにおけるCD63とCD81の発現分析」を発表しました。

松村幸子さん、山本恵史さんが平成28年8月31日から広島で開催される第3回日本細胞外小胞学会で発表しました。

芝 清隆が平成28年8月にメキシコで開催される第25回 International Materials Research Congressのシンポジウム「Bionanodesign」で発表しました。

吉田光孝さんが神戸で開催される第36回日本分子生物学会年会でポスター発表しました。

吉田光孝、日比野和浩、菅 加奈子、岩井千弥、南澤宝美后、芝 清隆 

EpCAM発現エクソソームのペプチド・アプタマーEp114による捕捉 

第36回日本分子生物学会年会 平成25(2013)年12月5日(神戸)

吉田光孝さん、岩井千弥さんが平成25年12月1日に東京で開催される第17回日本顎顔面インプラント学会 総会・学術大会で口頭発表しました。

吉田光孝他「エクソソームを用いた診断法の開発」

岩井千弥他「唾液エクソソームの密度勾配超遠心法による単離」

芝部長が、2013年(平成23年)10月30日 第375回東京歯科大学大学院セミナーで講演した。

演題: エクソソームによる新しい診断と治療

場所:水道橋校舎 本館13階B教室

 

芝部長がシンガポールで開催されるエクソソーム関連の学会で発表した。

演題:Capturing EpCAM Positive Exosomes by Peptide Aptamer-Immobilized Materials 

学会:Inaugural SOCRATES Scientific Meeting 2013 October 25, 2013 (Singapore)

 

がん研セミナーを2013年10月8日に開催した。

演題:疾患エクソソームの解明と診断治療への応用

演者:落谷 孝広 博士(独立行政法人 国立がん研究センタ- 研究所 分子細胞治療研究分野)

続きを読む...

横浜で開催される第72回日本癌学会学術総会で、伊藤 正紀さん、松村 幸子さんが発表しました。

伊藤正紀、林 和美、本間 定、芝 清隆「抗原エピトープの分子コンテクストを最適化した人工タンパク質は、がん免疫療法のための細胞性免疫を誘導する」第72回日本癌学会学術総会 平成25(2013)年10月3日(横浜)口頭発表

松村幸子、芝 清隆 「自己集合ペプチドを利用したMRI造影剤の作製」第72回日本癌学会学術総会 平成25(2013)年10月3日(横浜)ポスター発表

 

吉田光孝さんが日本生化学会大会で口頭発表しました。

演題:EpCAM親和性界面を利用したエクソソームの差分化

学会:第86回日本生化学会大会 平成25(2013)年9月13日 (横浜)

横浜で開催される第86回日本生化学会大会の初日(9月11日)に、フォーラム『進化分子工学の新展開』を理研の伊藤嘉浩先生と芝清隆がオーガナイズしました(大会HP)。

演者は、加藤敬行先生(東大)、平尾一郎先生(理研)、中村義一先生(リボミック)、伏見謙先生(埼玉大)。

岩井千弥さんが第5回日本RNAi研究会でポスター発表した。

演題:密度勾配遠心のメディアの選択が唾液エクソソームの精製度に与える影響について

学会:第5回日本RNAi研究会 平成25(2013)年8月29日(広島)

 

吉田光孝さんが第5回日本RNAi研究会でポスター発表しました。

演題:唾液エクソソーム精製条件の確立

学会:第5回日本RNAi研究会 平成25(2013)年8月29日(広島)

 

広島で開催される第5回日本RNAi研究会に、芝 清隆吉田 光孝岩井 千弥が参加し、Exosome関連の研究発表をおこないました。

第14回先端研究セミナーを2013年7月26日に開催しました。

演題:Cancer sensor/enrichment lab-on-a-chip without labeling via osmotic pressure-induced dielectrophoresis and New discovery method of enzyme-mimicking catalytic peptides for cancer drug synthesis.

演者:Hiroshi Matsui 博士(City University of New York – Hunter College, Department of Chemistry and Biochemistry, Professor)

続きを読む...

第13回先端研究セミナーを2013年7月5日に開催しました。

演題:蛍光相関分光法の臨床検体分析への応用エクソソーム診断をめざして

演者:長谷川 慎 博士(長浜バイオ大学・大学院 バイオサイエンス学部・研究科・准教授)

more

第12回先端研究セミナーを2013年7月4日に開催しました。

演題:エクソソーム中の機能性RNAを用いた慢性肝疾患診断法の開発

演者:村上 善基 博士 (大阪市立大学大学院 肝胆膵病態内科学・准教授)

more

 

第11回先端研究セミナーを2013年4月9日に開催しました。

演題:完全非増幅1細胞シークエンサーの開発

演者:上村 想太郎 博士 (独立行政法人 理化学研究所 ライフサイエンス技術基盤研究センター チームリーダー)

続きを読む...